中小企業退職金共済

中小企業退職金共済制度(略称:中退共制度)は、昭和34年に国の中小企業対策の一環として制定された「中小企業退職金共済法」に基づき設けられた制度です。この制度の運営については、独立行政法人勤労者退職金共済機構(機構)中小企業退職金共済事業本部(中退共)が当たっています。

中小企業の従業員の安定確保のための国の制度で、国の助成等があり、掛金は全額損金または必要経費として非課税となり、極めて有利な退職金制度です。

  •  事業主が機構と退職金共済契約を結びます。
  •  事業主は金融機関を通じて毎月掛金を納めます。
  •  従業員が退職したときは、その従業員に機構から退職金が直接支払われます。

制度の特色

  •  国の助成

   初めて加入する事業主および掛金月額を増額する事業主に掛金の一部を国が助成します。

  •  税法上の特典

中退共制度の掛金は、法人企業の場合は損金として、個人企業の場合は必要経費として、全額非課税。

  •  転職しても加入期間を通算

加入企業に転職した場合は、加入期間を通算することができます。

  •  過去勤務期間も通算

加入前の勤務期間もさかのぼって通算できます。

 

 中小企業退職金共済に関するご相談などは

 独立行政法人勤労者退職金共済機構・中小企業退職金共済事業本部(外部リンク)

 TEL 03-6907-1234

 

加入申込み手続き

柏商工会議所 経営支援課 TEL 04-7162-3305