柏市中心市街地活性化協議会設立趣意書

 柏市中心市街地活性化協議会設立趣意書

 柏市は、昭和44年に施行された「都市再開発法」第1号の指定を受け、昭和48年柏駅東口に日本初のペデストリアン

デッキに接する柏そごうが出店し、柏駅西口には高島屋が出店、柏市の中心市街地は、二つの百貨店を擁する街に変貌

しました。以来、商業都市の機能を強め、現在では、商圏人口233万人を擁する常磐線沿線、千葉県北西部を代表する

商業都市として発展してきました。

 大店法が廃止され、まちづくり3法の施行に伴い、柏市では中心市街地活性化基本計画を策定し、街づくりに対応して

きました。

その他の対応策として、

 ● 柏駅周辺イメージアップ推進協議会(イベント部会、まち環境部会、情報発信部会)、

 ● 柏市インフォメーション協会(行政・民間情報の提供、まちのコンシェルジェ)、

 ● 柏駅周辺防犯推進協会(ガーディアン・エンジェルス等の防犯組織の支援)

を設立し、柏のイメージアップやイベント情報を発信し、安全で安心できる、ゴミのない、落書きのない、きれいな街づくりを

推進してきました。

 現在の柏市中心市街地は、「東の渋谷」などと呼ばれ、ストリートミュージシャンの発祥の地であり、「裏カシ」と呼ばれる

地域の出現など「若者の街」として多くのメディアに取り上げられています。中心市街地には、空き店舗が無く、駅周辺の

地価も3年前から上昇に転じ、千葉県では最も活気のある街となっています。

 しかし、柏市中心市街地には、小売店舗面積が約15万㎡集積しているにも拘わらず、柏駅から3~4Km圏内の松ヶ崎・

大山台地区に6万㎡、風早地区に4万2千㎡の商業集積があり、南柏地区には、平成17年3月、フィールズ南柏9千5百㎡、

平成18年5月、イオン柏ショッピングセンター約2万5千㎡が開店し、計4万㎡の商業集積に達しました。

 更に、つくばエクスプレス沿線の柏の葉キャンパス駅に、平成18年11月、ららぽーと柏の葉が約4万2千㎡、

おおたかの森駅に、来春、髙島屋系駅前商業施設が約4万1千㎡で出店の予定であります。


 以上のように、短期間のうちに、しかも、至近距離で、あたかも、集中豪雨のように、中心市街地の小売店舗面積を超える

出店ラッシュに見舞われる状況にあり、今後の見通しさえつかない、大変厳しい環境にあります。

手をこまねいていては、中心市街地の崩壊は必定であり、中心市街地が空洞化し、大量の空き店舗が発生することも充分

予想される状況です。今般、新まちづくり3法の施行に伴って、国の支援を受け、積極的に熱意を持ち総力を挙げて、

中心市街地の活性化を図って行かなければなりません。

 ここに、新まちづくり3法のスキームに基づく中心市街地活性化協議会を設立するものです。