資金繰り表

資金繰りとは現金の出入り(収支)をチェックし、事業資金が不足しないよう調整することです。

帳簿上儲かっていても、支払に回す資金が不足してくると資金繰りは苦しくなります。

資金繰りが苦しくなる原因は主に次の点にあります。

 ①売上があっても長期の回収条件であったり、受取手形での回収となり、すぐに現金化できない

 ②借入金の返済など、費用として計上されない現金での支出が多い

 ③売掛金の回収が長期の条件に変わったり、買掛金の支払期間が短くなったりして、回収と支払のバランスが崩れる。

資金繰りを上手に行うためには、運転資金にゆとりを持つことが肝要です

次のような資金繰り表で運転資金Zの不足を事前にチェックしましょう

 

資金繰り表の様式例

(単位:万円)

 
予 想 実 績 予 想 実 績 予 想 実 績
前月繰越高 A            
収入 現金売上            
売掛金回収            
受取手形入金・割引            
借  入            
雑収入等            
収入合計 B
支出 現金仕入            
買掛金支払            
支払手形決済            
借入金の返済            
給料・諸経費支払            
生活費(個人事業の場合)            
支出合計 C
翌月繰越高Z(A+B-C)

 資金繰り表のダウンロードはこちらから

 次のステップへ
 
 → 「④許認事業届出先」へ
 
 → 「フローチャート」に戻る