Singing Artist レイ・ウノスケ

レイ・ウノスケ(Singing Artist)

幼少より感性豊かで、歌唱力抜群の少年時代を送る。

17歳で単身ブラジルに渡り、歌の道への志を新たにする。

1963年アルゼンチンに渡り、第一線のオペラ歌手イタロ・パッシーニに発声の基礎を学ぶ。

翌年、名タンゴ・バンドの指揮者、そしてフランシスコ・カナロのピアニストでもあるオスカル・サビーノ氏にタンゴを学び、

プロ歌手としてテレビ・デビューを果たした。日毎に人気を獲得し、一躍スターダムへ。

28歳で、ニューヨークの高級クラブ「シャトー・マドリッド」に出演し、3ヶ月のロングランを更新した。


歌唱力が高い評価を受けた公演は、マイアミ、チリ、ベネズエラ、エクアドル、ペルー、メキシコに及び、メキシコシティの

一流クラブ「エル・カプリ」では長期公演となり、メキシコ音楽協会(アンダ)より表彰を受ける。

一方、権威あるペルー国際音楽祭にて準優勝に輝く。世界を舞台にした輝かしい功績に対し、ハワイ州知事からも

表彰を受け、1992年、NHKテレビ「わが心のスタンダード」に出演。

以後、日本各地でコンサート並びに、ディナーショウを展開している。

1994年には、日本人として初めてニューヨークのアポロ劇場で歌い、満場の喝采を浴び、続いて音楽の殿堂、

カーネギーホールでも聴衆を魅了した。

21世紀の幕開けに、日韓共催の「ワールド・カップ」へのアプローチとして企画された特別プログラム、

「レイ・ウノスケ・ディナー・ショウ」は、韓国並びに日本からの多数の政財界の歴々を集め、

ソウルで華々しく開催され、参列者はその熱唱に酔いしれた。

美声と歌心は益々円熟味を増し、ブラウン管では体験できない情熱がほとばしる感動のステージを創り続けている。

国際的な舞台に相応しく、各国政財界や文化人の支持者も多く、国際的に活躍する音楽大使として、

この上ない評価を受けている。まさに、本物のSinging Artistである。